飯田グループホールディングス

ページの先頭になります。

ページ内を移動するためのリンクです。

ここから本文になります。

あなたの住宅ローン、“今なら”お借換えでもっとおトクに!

今が最低水準!フラット35・フラット20
8月のご融資金利

お借換え専用 手数料先払タイプ

【フラット20】

1.040

事務手数料0.98%
(実質年率 1.121%)

【フラット35】

1.120

事務手数料1.00%
(実質年率 1.161%)

標準タイプ1

【フラット20】

1.189

事務手数料32,400円
(実質年率 1.198%)

【フラット35】

1.269

事務手数料32,400円
(実質年率 1.273%)

お借換えのお問い合わせはこちらから

フラット35・20にお借換えすると”今ならおトク”だって知ってましたか?

変動金利からフラット35にお借換えして返済した場合

ファミリーライフサービスでお借換えした場合

固定金利1.120%:月々87,030

お借換えせずにそのまま返済した場合

変動金利1.475%:月々91,488

月々の返済額が約4,458
総支払額が約1,604,801

おトクになるんです!

さらに!固定金利は今が最低水準!過去の高い金利からお借換しましょう

だから”今なら”フラット35・20のお借換えがおトク!

フラット35・20にお借換えするとメリットいっぱい!

POINT1

ずっと固定金利の安心!

フラット35・20は最長35年(フラット20は最長20年)の全期間固定金利住宅ローンです。資金のお受取時にご返済終了までのお借入金利、ご返済額が確定します。

POINT2

保証料0円
繰上返済手数料0円!

一般的に住宅ローンのお借入れに必要となる保証料はかかりません。保証人も必要ありません。また、ご返済中に繰上返済や返済方法の変更を行う場合も手数料はかかりません。

POINT3

借換時に必要な費用を
融資額に含めることが可能!

印紙代・融資事務手数料・抵当権設定及び抹消の登記費用 団体信用生命保険特約料(初年度分のみ)を含めることができます。

さらに!ファミリーライフサービスならこんな特典が!

  • 事務手数料1.65%を1.00%に割引!
  • お借換え申し込み時、お手続き時、来店不要!土日祝OK!
  • ファミリーライフサービスにて無料で謄本を取得!
  • [今だけ!]日本料理 吉祥 銀座本店のお食事券を贈呈!

フラット35・20のお借換えへの疑問にお答えします!

借換えって手続きが面倒そう・・・サポートはあるの?

お申込み時、ご契約時にも来店不要、土日・祝OK!
平日がお忙しい方でもファミリーライフサービスが訪問して手続きをすることができるのでラクラク!
お客様のご都合に合わせた契約の締結が可能です。

  • お借換えの実行と同時に既存の住宅ローンを完済していただきます。
  • 他行様からのお借換えの場合、他行様の完済手続きによって日数が異なります。

さらに!さらに、既にファミリーライフサービスでご契約されている方下記の特典が!

  • 必要書類が一部不要
  • 既存抵当権の抹消と再設定が簡単
  • 既存住宅ローンの完済手続きが簡単

すでにフラット35・20に加入しているんだけど借換えはできるの?

もちろんお借換え可能です!
金利を見直すことによりさらにお得になる場合があります。

手数料が心配・・・手続き時にまとめて用意しなければいけないの?

事務手数料1.65%を1.00%に割引!
(フラット20をご利用の場合は0.98%)
手数料を融資額に含めることも可能です。

お借換えの流れもラクラクでスムーズ!

STEP1
住宅ローンお借換えのお申込み

STEP2
お借換え住宅ローンの審査

STEP3
住宅ローンの本契約(金銭消費貸借契約)

STEP4
住宅ローンのご融資実行

STEP5
お借換えの住宅ローンのご返済開始

お借換えのモデルケースをご紹介

事例15年前に銀行で変動金利2.475%(-1.00%金利優遇)の住宅ローンを組まれた方の場合

最近金利が変わって月々の返済額がきついなあ…
5年前は固定金利で借りたはずなのに金利が変わってしまったのかな?

融資額
3,000万円
住宅ローン残高
2,660万円

銀行の固定金利
(当初固定金利型)で
ご契約のお客様!

固定期間が終了して、優遇幅の低い変動金利に自動切り替えになっていませんか?また、【フラット35】でご契約のお客様もお借換え可能です。現在お支払いの住宅ローンをご確認ください。

  • 現在のご契約金利、銀行変動金利2.475%より‐1.00%金利優遇の1.475%と、2017年8月の当社【フラット35】金利1.120%の比較計算。

事例2過去に【フラット35】の住宅ローンを組まれた方の場合

昔に借りた時よりだいぶ金利が下がっているなあ。
今、借換えをしたらどれくらい返済額が安くなるんだろう?

当初の融資額
3,000万円、現在の住宅ローン残高2,660万円、残期間30年を【フラット35】でお借換された場合
  • 上記は、2017年8月の当社【フラット35】金利1.120%で算出しています。
  • 【フラット35】Sからお借換をご検討の方は、条件が異なりますのでお問い合わせ下さい。

現在のお借入の
住宅ローン金利とローン残年数を
ご確認ください。

金利の上げ下げに一喜一憂しなくて良い全期間固定金利の【フラット35】へのお借換えなら、
低金利の今がおすすめです!
残年数が20年以内なら金利がさらに低い【フラット20】もございます。

事例312年前に【フラット35】(固定金利2.290%)で住宅ローンを組まれた方の場合

フラット35で返済してきたけど金利が高いなあ。
ちょうど残り20年ぐらいだし、フラット20に借換したら安くなるかな?

融資額
3,000万円
住宅ローン残高
2,227万円

残り23年の期間を3年短縮できます!
月々の返済額が約1,085円安くなり、総支払額も4,000,748円安くなります!

返済が20年以内なら
金利がおトク!

残り返済期間23年を20年に短縮しつつ、毎月の返済額はお安く、総返済額は大幅に減額!
元々25年~30年で住宅ローンを組んでいる方にもお勧めです。

注意事項

  • 住宅ローンのお借換えをする場合には、既存の住宅ローンをお借換と同時に完済していただく必要があります。
  • 住宅ローンのお借換えには、既存抵当権の抹消と、新しいローン抵当権の再設定が必要となります。
  • 機構団体生命特約保険制度へご加入を希望する場合は、新規の加入申込みが必要です。(お客様の健康状態によっては、ご加入いただけない場合があります。)
  • 金利はお申込み時の金利ではなく、融資を受ける月の金利が適用されます。審査に通った場合2年間有効ですので、融資月をご検討いただくことも可能です。(申込時と比べ、状況に大幅な変動がないことが条件です。)

お借換えのお問い合わせはこちらから

お悩み事がありましたらお気軽に!

フラット35取扱金融機関 株式会社 ファミリーライフサービス 【フラット35】のお借入・お借換はこちら
貸金業登録 関東財務局長(3)第01477号 ・日本貸金業協会会員 第002122号

当社が契約する貸金業務にかかる指定紛争解決機関
日本貸金業協会 貸金業相談・紛争解決センター
〒108-0074 東京都港区高輪3-19-15/TEL:03-5739-3861

ページの終わりになります。

このページの上部へ戻ります。